第21回宮崎大会 自由論題部会再報告会のお知らせ

開催経緯

 7月に開催した宮崎大会自由論題部会において、zoomへのアクセスに不具合が生じ、発表者並びに関係者に多大なご迷惑をおかけしました。その後開催された、常任理事会や理事会における議論を通じ、再報告会を開催する運びとなりました。

開催概要

●開催日時:2022年12月18日(日)14:00~16:00

●主催  :コミュニティ政策学会

●開催形態:Zoomを利用したオンラインビデオシステム会議

●参加費 :無料

プログラム

開会の辞 14:00~14:10 名和田是彦(法政大学法学部教授、学会会長)

 ※Zoom入室可能時間は13時45分です

●報告者:

①谷 亮治・山田大地(京都市役所)14:15~14:45

 不動産事業者がボランタリーなコミュニティ形成事業に取り組む論理の検討

 ~株式会社プラスホームのケーススタディ

②浅野幸子(法政大学大学院公共政策研究所後期博士課程)14:50~15:20

 “未災地”という視点から考察する高知市の地域共生社会推進政策の取り組み

③東 良太(島根県中山間地域研究センター)15:25~15:55

 関係人口と関わりしろの視える化

 ―島根県飯南町ふるさとアンケート調査の事例から―

●司会:乾亨(立命館大学名誉教授、学会副会長・研究企画委員長)

閉会の辞 15:55~16:00 乾亨(立命館大学名誉教授、学会副会長・研究企画委員長)

・報告時間はお一人20分です。

・報告時間とは別にzoom参加者からの質疑応答の時間(10分程度)を設けます。

・発表資料は、宮崎大会で配布したものと同一のものをDropboxを通じて、配布いたします。

●参加者募集

再報告会参加受付用のGoogleフォームを準備しました。必要事項を記入の上、お申込みください。

氏名、所属、連絡先

https://forms.gle/vVWtrbzcCdWLCN7eA

 申し込み締切は 2022年12月15日(木)23:59 です。

 ・12月16日(金)15:00に、zoom ID/パスコード等をお申込み時に指定されたメールアドレスに送付いたします。受信できない場合は、事務局までご連絡ください。

連絡先:コミュニティ政策学会事務局 office@jacp-official.org